So-net無料ブログ作成
検索選択

古処誠二『いくさの底』KADOKAWA [本の感想系]

「終戦の日」を前に読み、いくさを思う。

いくさの底

いくさの底

  • 作者: 古処 誠二
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: 単行本
 
 前作もビルマ。今作もビルマ。
 
 日本軍は、一体どこで何をしてきたのか。どういうことなのか。
 
 著者の生年(1970年)から考えてあり得ないことだが、「見て来たのか? いや体験したのか? そうなのだろう?」といぶかしく思えるほどに冴える筆致は今回も変わらない。
 
 装丁も素晴らしい。これはつまり、「一刀」です。

 12日に散髪に行った帰りに長崎屋(帯広)のザ本(ザ・本屋さん)(喜久屋と提携)で購入。納骨堂にお盆参りに来られる方々から読経を依頼される合間・合間に読了しました。
 
 デビュー作からずっと気にしてる作家で、3作目・5作目といきなり作風が変わって驚愕しましたが、昔の作風も今の作風もどちらも大好きです。
 
 何度も直木賞候補になり、何度も落ちています。わたしも「獲ってほしいなあ」と思ってるくらいだから、本人は相当ややこしい気持ちになり続けてるんじゃないかと思います。しかし、多分もう吹っ切れてるんじゃないかとも思います。
 
 なんせ素晴らしかったです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。