So-net無料ブログ作成
検索選択

かくれ念仏 [お寺]

写真は、『本願寺新報』2017年1月20日号から。

『最後の誘惑』でも有名な、マーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作の『沈黙』を原作として、『沈黙 サイレンス』という映画をとりました。2017年1月21日から日本でも公開されます。一人芝居で有名なイッセー尾形や、『ピンポン』その他で有名な窪塚洋介くん、格好いい浅野忠信氏などが出ていることでも有名です。「そんなの常識」レベル。

その『沈黙』が扱っているのは、「隠れキリシタン」です。江戸時代に弾圧されまくって、でも信を守った方々。聖人に列せられたりしている。『沈黙』の世界公開によって世界的にフォーカスされていくと思います。

わたしも『沈黙』は大好きです。ネタバレにならないように言うと、とにかく、すごいです。ご信心で悩んでる人はすべからく読むべきです。わたしは中学生か高校生の時に読んで、最後の方、なんであなたは黙ったままなの!? っていうところからのくだり、わからないなりに泣けそうになりました。小説ってこうでなきゃ! っても思いました。こういうふうに、活字だけで衝撃を与える、それが小説。なのにこの『沈黙』は、のちに、「もとは自費出版だった」と聞いて驚愕しました。すごすぎる。

わたしもですが、勧学寮頭和上も『沈黙』がお好きなようです。『季刊せいてん』の最新号で、本の紹介をしています。その冒頭、第一冊目の紹介が、徳永勧学寮頭和上による、『沈黙』の紹介です。

読みたくなります。また読もうかな……。キチジロー……。(映画の予告編を見る)

! で、そこで、あえて「かくれ念仏」にフィーチャーする、わたしたちです。

DCIM1384ー.jpg

これは、『本願寺新報』2017年1月20日号の囲み記事です。

個人的には、2016年の初秋頃に、熊本の「かくれ念仏」の聖跡を参拝できました。ひたひたと心に迫ってくるものがありました。すごかったです。実際に、隠れキリシタンのようにかくれ念仏という営みがあったのだ、ということが衝撃でした。

隠れキリシタンの映画が公開されるのに先立ち、それに合わせ、わたしたちの先人たちにも、やっぱりすごい方々があったのですよ! ということに注意喚起してくださる、本願寺新報のこの記事に、注目しつつ、期待しています。

1、ですからね。2、もあるんですよね。

大注目です。

「十勝組 全門信徒 聞法の集い」のご案内 [お寺]

十勝組では、今年も「全門信徒 聞法の集い」を開催いたします。

と き 2017年1月31日(火)
ところ 浄土真宗本願寺派 本願寺 帯広別院(帯広市東3条南5丁目5)
日 程
  13:00 開会式(受付は12:30から。)
  13:30 ご法話(90分。中に10分の休憩があります。)
  15:00 質疑応答 など
  15:30 閉会式   16:00 終了(予定。)

 今回のご講師は、滋賀県の真宗大谷派寺院のご住職、瓜生 崇 師です。
 参加をご希望される方は、妙法寺またはちしゅーまで、お申し込みください。

 uriusann.png
 「聞法の集い」案内チラシ(png画像)

 

報恩講! ほうおんこう! [お寺]

いろいろありますが、元気にしています。

10月30・31日はお寺で報恩講さまです。
お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

--------------------------------------------------------------------------------
30日
 13:00~ 大逮夜(おおたいや)法要
      次に、永代経(えいたいきょう)開闢(かいびゃく)法要
      引き続き ご法話 二席

 16:00頃~ 御伝鈔(ごでんしょう)拝読

 18:00~ お初夜(しょや)法要(聖歌隊・こども会 参加 協力)
      引き続き ご法話 二席

 20:00~ 親鸞さまを讃える夕べ(21時ころ終了予定)

31日

  7:00~ 晨朝(じんじょう)法要 引き続き ご法話 一席

  9:30~ 御満座法要
      引き続き ご法話 二席
      ご法話終了後 おとき(昼食)
      食後 自由解散

ご講師 留萌組
    信楽寺(苫前郡初山別村)ご住職 吉川昭惠師

 どうぞいらしてください。お待ちしています。
--------------------------------------------------------------------------------

「浄土真宗の法話案内」
http://shinshuhouwa.info/article/index.php?id=16819

テレホン法話 [お寺]

札幌別院 テレホン法話 011-643-1515

ちしゅーが担当しました。

法蔵菩薩のことも阿弥陀如来と申しましたのは、わたしのために真如から法蔵に降りてそして阿弥陀になるということなので、これでもよいのです。でも混乱させてしまったらごめんなさい。(とここで言っても。)

次回の更新は、一応、8月になるのではないか、とのことです。

つづきを読む


お寺のサイトと お寺のブログを 移転しました。 [お寺]

お寺のサイトで今までお世話になっていたOCN、サービスをやめたそうです。だから移転しました。よろしくお願いします。

ただ、OCNのサービスは、「ずっと前から「やめるから移転して」と言っていたからもう周知は十分ですよね。だから最後の一ヵ月は更新できないようにしますよ」という正直わけのわからんことをしてくださったので、最後の最後になってようやく気付いたうすぼんやりのわたくしには、必要な更新が出来ず、旧サイト・OCNサイトから新サイトへの「リンクの変更」を呼びかけることが出来ていないのが心残りというか正直腹立たしい感じです。なまんだぶつぶつ、なんまんだぶつぶつ。

それともなって、ブログも移転します。ブログは今までの所でぜんぜん問題ないのですけれど、サービスを統一しようかと思いまして、移転します。前の所と同様、携帯からも更新できるので、なるべく更新していきたいです。

妙法寺サイト
 http://myouhouji.sakura.ne.jp/

妙法寺ブログ
 http://myouhouji.sblo.jp/

以上、よろしくお願いいたします。

※ このSo-netブログとSo-netサイトは変更ありません。
 念のため。
 お寺のサイトとブログが移転するのです。



豊島学由先生 [お寺]



「平生業成は、長年聴いてきたおかけでということにならないのです。今初めて聞いた人と同じことです。同じであるならば、聞かないでも助かるかと反論する人もおりますが、聞かなければ救われません。聞かなかったら助からんとなったら、聞くことが条件になるじゃないかということになりますが、条件にはなりません。聞くより先です。聞くより先ならば聞かないでも助かるやないかというと、いや聞かなければ助かりません。
「そこの問題をどうするかといいますと、与えられておるのですから、聞くより先であります。与えられているんですから、聞くより先だけれども、聞かなければ救われない。それなら聞いたら助かるかというと、いや〈聞いたら〉ということは成り立ちません。聞こえたままです。
「その模様は、この疑いの意味をたずねますとよく分かるのです。疑いは、はねつけることなんです。はねつけるということは、すでに来ておらなければ、はねつけられませんね。接触してなければはねつけられません。この接触しているということは、何時も名号の方が先手をうっているということなんです。その先手をうっておいでる名号を、こちらがはねつけるということが疑いなんです。」

by豊島学由先生
ちしゅー

お聴聞のご案内。 [お寺]

真宗合同布教大会の、第5回のもようが、ネットにアップされています。
期間限定の公開だそうです。よろしかったら一緒にお聴聞しませんか。

第五回大会動画限定公開
http://sinshugodo.net/archives/527

福井は真宗出雲路派の本山、毫摂寺の御影堂で開催されたそうです。
わたしまったく行けず、ネットでちょっとだけお聴聞しました。
今回のネット公開は、なんか前回・前々回より画質が相当に良いんだそうです。

いやたしかに……。

記念布教。 [お寺]

こんど、京都で ご法話をすることになりました。
2014年5月29日の朝10時から、30分です。於:本願寺聞法会館。

10268476_652720208144265_1431405233541350605_n.jpg

続きを読む


第四回 真宗合同布教大会について [お寺]

先日、2014年2月21日に、真宗興正派の本山興正寺は興正会館でおこなわれた「第四回 真宗合同布教大会」の動画がネット上にアップされています。2014年3月4日までの限定公開だそうです。

よかったらご覧になってみてください。

第四回真宗合同布教大会・動画限定公開
http://sinshugodo.net/archives/443

公開終了後は、整えて、DVDやBlu-rayが発売されるそうです。

「午後2」の、57分27秒あたりから、わたしがご法話しております。58分11秒まで音が出ません。その部分は、ご讃題と、自己紹介と、ちょっと内容です。

----------------------------------------
信は願より生ずれば
 念仏成仏自然なり
 自然はすなはち報土なり
 証大涅槃うたがはず

 こんにちは。

 北海道の、十勝の、音更の、妙法寺というところから、昨日参りました、…今日じゅうでは着かなかったので、…参りました、石田智秀といいます。今日は、今いただいたご和讃、親鸞さまのご和讃を味わいながら、ご信心を、味わっていこうと思っております。よろしくお願いします。

 いただいたご和讃、少し書かせていただきます。(板書を)消すのよろしくお願いします。すみません、大きく書きます。最初の部分だけ書きます。

 信は願より生ずれば(板書)

「信は願より生ずれば 念仏成仏自然なり 自然はすなはち報土なり 証大涅槃うたがはず」っていうご和讃です。で、「わたしの信心は、わたしが起こすものではなく、阿弥陀さまの、仏さまの願いから生じるんです、それがわたしの信心です」、っていうご和讃です。なので続きが、「信は願より生ずれば 念仏成仏自然なり」、わたしがお念仏をとなえて、お浄土に往生して、そして成仏していくことは、「自然なり」、しぜんと書いてじねんと読みます、おのずからそのようになっていく。そんなこと普通に考えればあり得ない。でもそれがあり得るのは、わたしの信心が、わたしが起こすものではなく、阿弥陀さまの願いから生じる、それがわたしの信心だからです、っていう味わいのご和讃です。
----------------------------------------

1966837_621990764540067_767698321_n.jpg

という感じです。

つづきは、よかったらお聴聞ください。わたしが喋ったのは20分くらいです。

自分でも録音しましたが、音が入っているところは、この公開動画の方が聞きやすいです。そして家族からも言われましたが、というか本人が言っておりますが、わたし字が本当に、アレですねえ。「もう少しなんとかいたします」と言い続けて、はや何年だろう。。

身振り手振りも、なんというか。

……。

本当に、とうといご縁をありがとうございました。わたしにも得るものの大きなご縁となりました。そして何より、自分の出番以外は朝から番までお聴聞三昧で、それがとっても嬉しかったです。ありがとうございました。

おしらせ [お寺]

十勝組テレホン法話の2013年9月16日~30日を担当させていただいています。
よかったら、どぞ。3分間です。

番号は 0155-21-7777 です。(おかけまちがいなさいませんように。)

原稿を書いたとき、吹き込んだ時は、
なかなか良いんでないか?と思ってたんですが、
今聞いたら、
ちょっとブッ飛ん(仏恩)でる感じがします。^^;

………。

よろしくお願いします。