So-net無料ブログ作成
検索選択

かくれ念仏 [お寺]

写真は、『本願寺新報』2017年1月20日号から。

『最後の誘惑』でも有名な、マーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作の『沈黙』を原作として、『沈黙 サイレンス』という映画をとりました。2017年1月21日から日本でも公開されます。一人芝居で有名なイッセー尾形や、『ピンポン』その他で有名な窪塚洋介くん、格好いい浅野忠信氏などが出ていることでも有名です。「そんなの常識」レベル。

その『沈黙』が扱っているのは、「隠れキリシタン」です。江戸時代に弾圧されまくって、でも信を守った方々。聖人に列せられたりしている。『沈黙』の世界公開によって世界的にフォーカスされていくと思います。

わたしも『沈黙』は大好きです。ネタバレにならないように言うと、とにかく、すごいです。ご信心で悩んでる人はすべからく読むべきです。わたしは中学生か高校生の時に読んで、最後の方、なんであなたは黙ったままなの!? っていうところからのくだり、わからないなりに泣けそうになりました。小説ってこうでなきゃ! っても思いました。こういうふうに、活字だけで衝撃を与える、それが小説。なのにこの『沈黙』は、のちに、「もとは自費出版だった」と聞いて驚愕しました。すごすぎる。

わたしもですが、勧学寮頭和上も『沈黙』がお好きなようです。『季刊せいてん』の最新号で、本の紹介をしています。その冒頭、第一冊目の紹介が、徳永勧学寮頭和上による、『沈黙』の紹介です。

読みたくなります。また読もうかな……。キチジロー……。(映画の予告編を見る)

! で、そこで、あえて「かくれ念仏」にフィーチャーする、わたしたちです。

DCIM1384ー.jpg

これは、『本願寺新報』2017年1月20日号の囲み記事です。

個人的には、2016年の初秋頃に、熊本の「かくれ念仏」の聖跡を参拝できました。ひたひたと心に迫ってくるものがありました。すごかったです。実際に、隠れキリシタンのようにかくれ念仏という営みがあったのだ、ということが衝撃でした。

隠れキリシタンの映画が公開されるのに先立ち、それに合わせ、わたしたちの先人たちにも、やっぱりすごい方々があったのですよ! ということに注意喚起してくださる、本願寺新報のこの記事に、注目しつつ、期待しています。

1、ですからね。2、もあるんですよね。

大注目です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

20度以上の気温差 [携帯から更新]

今日の最低気温と最高気温とは、20度以上の差がありました。
どちらもマイナスでしたが。

ちしゅー
2017011319170000.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

28度(^_^;) [携帯から更新]

今朝の気温、28度いきました……。
気をつけて暮らします。

ちしゅー
2017011306460000.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

「十勝組 全門信徒 聞法の集い」のご案内 [お寺]

十勝組では、今年も「全門信徒 聞法の集い」を開催いたします。

と き 2017年1月31日(火)
ところ 浄土真宗本願寺派 本願寺 帯広別院(帯広市東3条南5丁目5)
日 程
  13:00 開会式(受付は12:30から。)
  13:30 ご法話(90分。中に10分の休憩があります。)
  15:00 質疑応答 など
  15:30 閉会式   16:00 終了(予定。)

 今回のご講師は、滋賀県の真宗大谷派寺院のご住職、瓜生 崇 師です。
 参加をご希望される方は、妙法寺またはちしゅーまで、お申し込みください。

 uriusann.png
 「聞法の集い」案内チラシ(png画像)

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

こども会。 [携帯から更新]

今日はこども会でした。
いろいろしましたが、これは絵本の朗読・読み聞かせの一場面です。

わいわいにぎやかに、でも真面目に聞いていたようです。

わたしは、……自分ひとりで黙読したときと違って、スッと入って来ました。

いいですね、絵本の朗読・読み聞かせ。

「絵本ってそういうもの。」

納得です。


ちしゅー
2016122513480000.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

自著にレビューをいただきました。(プラスアルファ。) [本の感想系]

自著へのレビューを書いてくださっているブログを見つけました!
ありがとうございます!

「木牛流馬が動かない」さん
http://euphoniumize-45th.hatenablog.com/

その、9月30日のエントリ!
http://euphoniumize-45th.hatenablog.com/entry/2016/09/30/093524

嬉しくなったのでコメント欄に「ありがとうございます!」というコメントを残そうと思い、パソコンの中の日記にいそいそと書いて、それをコピー&ペースト、……したつもりが、日記の本文そのままを「まるっ」っとコピー&ペーストしてしまいました! 焦りました。

ブログのコメント欄に「削除してください」と書き込んだら、削除してくださいました!
重ねて、ありがとうございます!ありがとうございます!

ああ、もっと注意深く、丁寧に生きたいものです……。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『まてまてさん』 [本の感想系]

まてまてさん (講談社の幼児えほん)

まてまてさん (講談社の幼児えほん)

  • 作者: おーなり 由子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/06/16
  • メディア: 単行本

妻の知り合いが出産祝いに送ってくださいました。
ことあるごとに息子に読んで聞かせています。(妻が)
読み方もあるのでしょうが、ものすごい定番感です。
きっと昔からある本なのだと思ったら、……なんと!息子より若い!
びっくりしました。

超おすすめです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

報恩講! ほうおんこう! [お寺]

いろいろありますが、元気にしています。

10月30・31日はお寺で報恩講さまです。
お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

--------------------------------------------------------------------------------
30日
 13:00~ 大逮夜(おおたいや)法要
      次に、永代経(えいたいきょう)開闢(かいびゃく)法要
      引き続き ご法話 二席

 16:00頃~ 御伝鈔(ごでんしょう)拝読

 18:00~ お初夜(しょや)法要(聖歌隊・こども会 参加 協力)
      引き続き ご法話 二席

 20:00~ 親鸞さまを讃える夕べ(21時ころ終了予定)

31日

  7:00~ 晨朝(じんじょう)法要 引き続き ご法話 一席

  9:30~ 御満座法要
      引き続き ご法話 二席
      ご法話終了後 おとき(昼食)
      食後 自由解散

ご講師 留萌組
    信楽寺(苫前郡初山別村)ご住職 吉川昭惠師

 どうぞいらしてください。お待ちしています。
--------------------------------------------------------------------------------

「浄土真宗の法話案内」
http://shinshuhouwa.info/article/index.php?id=16819
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

大谷光淳『ありのままに、ひたむきに』の感想・紹介 [本の感想系]

大谷光淳
『ありのままに、ひたむきに
 不安な今を生きる』
PHP 2016年9月21日 600円+税

DCIM0870.jpg
https://www.amazon.co.jp/dp/4569834108/

第1章 一瞬一瞬を精いっぱい生きる
第2章 困難な時代をともに生き、ともに歩む
第3章 現代に生きる仏教の教え、親鸞聖人の教え
対談 ぶれることなく思いを伝える 遠藤保仁さん(ガンバ大阪)とともに
対談 親と子が安心できる社会に 大平光代さん(弁護士)とともに

読了しました。どんな本なんだろう?ととても不安でしたが、ホッとしました。何んかとても読みやすくてよかったです。仏教用語も「ゴリゴリ」という感じではほとんど出て来ません。

章立ての中に、さらに見開き2ページや、短いのは1ページ、長いのは4ページの「ライトエッセイ」がいくつも入っています。エッセイひとつひとつのタイトルがすべて3行と長め。…啄木か!

エッセイは、生き方や考え方、仏教や仏教的なものとの向き合い方についてやさしく書かれています。お念仏についてもすごくわかりやすい書き方で説明しています。何も知らない人が読んでも「すーっ」と入っていく場合があるのでは。文書うまいと思います。

対談は、へえ、こんな感じなんだ… と、ご門主の「人となり」がなんとなくイメージできるようにまとまっています。遠藤と大平さんについては「なんとなく」知ったつもりになっているけれど、この二人についても「へえ、こんな感じなんだ…」と思わされました。知らないのに知ったつもりになってしまっているんですねえ。

ということで、本願寺派の僧侶には、現門主についての公式なガイドブックが出た! とお伝えします。おすすめです。

仏教や真宗に馴染んでらっしゃる方にも、「本願寺派の門主はこんな人らしいですよ」、という意味や、「真宗や仏教の考え方について、アラフォー男子がものすごく易しく書いてくれてますよ」という意味で、おすすめです。

仏教よく知らないけれど、何かよい入門書みたいなのがあったら良いなと思っている人にもおすすめかなと思います、ただ大谷光淳氏の紹介本としての側面が後半は強いかもしれません。

600円+税ですから、損はそんなにしないと思います。

ありのままに、ひたむきに

ありのままに、ひたむきに

  • 作者: 大谷 光淳
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/09/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

君の名は。 [アニメ]

『君の名は。』の話です。

新海誠監督が『君の名は。』の裏設定や一番好きなシーンについて語る!次回作は? (09/10)
https://www.youtube.com/watch?v=Bgo1wlJFWrA#t=3.529229

ネタバレにはならない範囲で語ってくださっているようです。
でも、ちょっとネタバレのような。でもバレてないような。

2週間で47億円? すごいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感